骨盤が歪むと腰痛の原因になります。

骨盤とは、お尻の所ですが身体の中で重要な役割を担っています。

時として何気ない動きでも運動の法則に反した時に骨盤が歪みます。

理由は骨盤は、関節で構成されているからです。

骨盤の歪みが顕著だと、お尻の左右の大きさの違いが誰でも分かるぐらいに表れます。

問題は、この骨盤が歪むと腰痛や膝の痛み原因となります。それは背骨の中を通ている神経が骨盤から多く出ていますので歪むことでその神経を圧迫するので痛みが発生するのです。

また骨盤の歪は、関節の動きを妨げます。動きの悪くなった骨盤はさらに硬くなり元に戻りにくなります。

これが慢性腰痛のきっかけになるのです。

腰痛は違和感が出た時に早めに解決すると大事にはなりません。

2019年09月06日