腰が急に痛くなったのは、偶然ではない!

腰が急に痛くなった、それは、ぎっくり腰です。

これは、偶然ではありません。

起こしやすい人に発生します。

つまり潜んでいた小さな歪が思わぬ動きをした時、腰に大きな歪が発生したのです。
ぎっくり腰は、急性腰痛と言われますが身体の運動の法則に反して骨盤が歪んでしまったから痛みが発生したものですが、偶然ではありません。

ただし注意して頂きたいのは、内臓の重大な疾患の原因により腰に出る痛みがあります。
安静な時(動かない状態)でも腰が痛い時は、病院で内科の検査が必要です。

病院での検査で異常が無く腰が痛いは、腰の歪が考えられます。
何故、歪んだのかそれは何気無く運動に反した動きが腰に無理をかけてしまって歪んだものと考えられます。

腰が急に痛くなったのは、偶然ではありません実は、その前からきっかけとなる歪が発生しています。

この、きっかけの歪こそが最初の原因になります。
この最初の原因を解決しないとその後、再発を繰り返し慢性腰痛になっていつまでも悩まされます。
そして重症化する可能性があるのです。
たかが腰の痛みとあなどると、あなたの将来の健康生活に影響するのです。

腰が急に痛くなった時は、ぎっくり腰の可能性がありますが何故、起きたかをあなた自身が最初の原因である、きっかけを解決する必要があります。

2019年11月04日